中古住宅に新たな価値を

リフォーム

改修工事で新築以上に

大量消費社会への反省から、近年は古くなったものを簡単に買い替えるのではなく、メンテナンスをしながら大切に使っていくというライフスタイルが定着してきています。住宅の世界においても、このような考え方が影響を及ぼしつつあります。そこでニーズが高まってきているのが、リノベーションです。リノベーションは中古のビルや住宅等を改修し、新しくすることをいいます。リフォームとよく似た言葉ですが、リフォームがどちらかというと新築時に戻す、つまり原状回復を目指すのに対し、リノベーションは改修によって新たな価値をもたらすことを目的としているという点に違いがあります。こうしたことから、リノベーションはリフォームに比べてさらに大規模な工事となるのが一般的です。戸建て住宅であれば全面建て替えに近いぐらいの規模で、間取り等もゼロベースで見直すことができます。しかしメインとなる柱や基礎等はそのまま残すため、完全に立て替えるよりも費用は低額で済みます。また、リノベーションはマンション等の集合住宅にも適応します。いわゆるスケルトン状態といって、鉄骨や外壁などを除いて住戸内の部材等をすべて取り払ってから改修を行うので、中古物件でも新築並みかそれ以上のグレードにすることが可能です。間取りや内装等は、まるで注文住宅のように設計できます。近年はリノベーションを前提にして、あえて中古マンションを買い求める人も増えています。新築よりも低コストで最新の設備が揃うとあって、人気の高いマイホーム実現法となっています。

Copyright© 2018 室内の環境を整えよう【リフォームを業者に依頼すべし】 All Rights Reserved.